高気密高断熱で冷暖房は最小限に!

モデルハウスを参考に、新築の自宅でこだわった高気密高断熱で、冷暖房費がさがってコストカットできました。

1.エアコンの稼働が予想以上に下がった

自宅を新築するときにこだわったのが高気密高断熱であることです。室内環境を一定にして体への負担を減らすことが目的でしたが、冷暖房をあまり使用しなくなったのが予想外の効果でした。

冬も隙間風が少ないので「朝、冷え切って寒い」とか「家の中にいても汗ダラダラ」といったことがかなり減りました。その結果、目に見て分かるほど電気代が減って助かっています。

2.気温の変化が少なくて快適

高気密高断熱の住宅だと外の気候に左右されない湿度で、一定の環境を維持できます。そのため自宅での仕事や作業も集中できます。また家族みんなが風邪をひきにくくなったのは嬉しいです。家で外的要因を気にせずにくつろげるのは大きなポイントだと思います。

3.換気と加湿はお忘れなく

暑くもならず寒くもならずで、高気密高断熱だと気づきにくくなるのが換気です。ついつい快適なので必要性を感じなくなってしまうのが換気ですが、空気の入れ替えという意味で窓を開けての換気は心掛けた方がよいと思います。あとは冬は乾燥しがちなので加湿器があると、さらに弱点無といった室内環境になります。高気密高断熱住宅だと本当にそのままの状態で、快適になり安心が増します。