風呂と脱衣所と洗面台

皆さんは、今お住まいのご自宅の間取り、気になる所はありませんか?

私はというと、居室スペースには特に不満はないものの、水回り、特にお風呂場や脱衣所、洗面台への不満や憧れが出てきました。

1、お風呂に窓は必要か問題

注文住宅として建てたわが家のお風呂場には窓があります。一般的に考えたら、お風呂場は湿気が溜まりやすいので、換気ができる嬉しい設備!と思われるかもしれません。ですが、わが家のお風呂場は1階にあります。昨今の防犯面で考えても、1階の窓を開けっぱなしにしておくことには抵抗があり…。換気扇も24時間ついているし、浴室乾燥機もよく使うので、窓を開けることがほとんどありません。それどころか、掃除する手間を考えたら、無くてもいいかも…と思っています。

2、脱衣所と洗面所を分けたい問題

これは、多くのお家がこうだと思うのですが、脱衣所に洗面台が設置されている間取り。これがわが家にとっては本当に不便で、なんとかなるなら、なんとかしたい問題です。うちには思春期の息子と娘がいるのですが、誰かがお風呂に入っている間は、洗面台を使えない。または様子を伺って、こっそりササっと使う…という状態なのです。さらにそれぞれの生活リズムもバラバラなので、使いたい時に使えない!が増えてきました。さらに欲を言えば、洗面台を二つに増やしたいです。朝の身支度に時間がかかるようになった上に、時間がかぶるので、みんなで譲り合いの精神で、なんとかかんとか回しています。

3、玄関の近くに洗面台を設置したい

先ほどの洗面台とはちょっと意味合いが変わり、こちらの洗面台は、手洗い用のシンク…とでも言いましょうか、小さなものでいいので玄関近くにあると便利だな、と思いました。帰宅後にササっと手洗いができると、その後の行動もスムーズにいくような気がします。

実際に住んでみたり、生活の変化や、子どもの成長などによって使い方や欲しい設備も変わってきます。マイホームの購入は大きなお買い物ですので、この記事が参考になりましたら幸いです。